大学生

【5・6月成績優秀者】Bチーム3人対談!圧倒的な2ヶ月間

◎3人の紹介。
井上ひなた:大学4年生。大学ではチアリーディング部に所属。子どもがすごく好きです。支社Bリーダー。
山菅優希望:大学4年生。中学からギターを続けている。特技は弾き語り。支社Bメンバー。
辻口楓袈:大学4年生。大学では、チアリーディング部に所属。副部長を務めサブリーダーという立場からチームに貢献。支社Bメンバー兼広報事業部 Instagram責任者。

(ライター:鈴木悠介)
※このインタビューは6月中旬に行ったものです

まず、リアプロに入ろうと思った理由を教えてください!

ゆきの:リアプロを知ったきっかけは、ジョブコミットのエージェントさんからでした。丁度(就活で)志望業種を営業職に切り替えた時期だったので、面接のときに「実績」を話せたらな、と思って入ろうと思いました。

ひなた:私もゆきのと一緒で、エージェントさんから誘われて「面白そう〜」と思って入りました。でも、今「チームの採用基準」とかを考えていて思うんですけど、よく選考を通過してここに居るなと少し思ったりします笑

そうなんですね笑

ふうかさんはリアプロに入ろうと思った理由はありますか?

ふうか:私は理由が2つあって、営業力をつけたいと思ったのと、副業スキルを養えるのではないかと思ったからです。営業力をつけたいと思った理由としましては、営業をすることに対する不安を無くしたかったからです。もともと行きたいと思っていた企業さんは営業職の募集しかありませんでした。エージェントさんと選考対策をしていく中で、性格面で大丈夫かなと心配されていました…。これまでの自分を振り返ってみても、「結果」にこだわるよりかは「過程」を大事にすることが多かったので、社会人になる前に「数字・結果にこだわる経験」をしておきたくて入ろうと決意いたしました。

広報の仕事に興味を持ったのは、もともとSNSマーケティングなどの副業可能な働き方に興味があったことに加えて、リアプロメディアを拝見させていただいたことがきっかけです。「学生だけでこれを作った」ということに衝撃を受けて、自分も携わっていきたいと思いました。

皆さんそれぞれの理由がありますね!

現在はどんなことをしているのですか?

ひなた:集客をやりつつ、今後Bチームをどうしていくかという「経営戦略」を考えています。加えて、5月末からBチームのリーダーをやっています。

5月末からリーダーを任されたんですね!リーダーはどんな風に決めたのですか?

ふうかみんなの推薦で決めました!最初は、「Bチームはリーダー要らないのでは?」という流れでした。ただ、ひなたが数字で引っ張っていってくれていたのと、ひなた自身がリーダーになることに課題を感じていたこともあって、推薦しました(経験を積む良いきっかけになると考えて)。もちろん、メンバー全員でフォローすることを約束した上で推薦させていただきました。

大変なこともあると思いますが、良い経験になると思うので、頑張ってください!

続いて、ゆきのさんは現在どんなことをしていますか?

ゆきの:個人としては、先月と変わらず集客をしています。あとは、ひなた(リーダー)のサポートをしていきます。さっきひなたにお願いされたこともあって、今後はチームのエンゲージメントリーダーとしても動いていきたいと思っています。

ふうか:私は支社Bのメンバーとして集客と広報事業部でInstagramの責任者として活動しています。あとは、チーム全員のサポートをしていくことを宣言しているので、何かあったときには柔軟に対応できるように意識しています。が、私自身がマイペースに仕事を進める癖があるので常に余裕をつくれるようにと毎日修行中です!笑

Instagramめっちゃ綺麗ですよね!

メンバーからもコメントをいただくことがあります笑。本当に嬉しいです…。

皆さんのお力添えあっての成果です。メンバー、社会からも愛されるアカウントにしていきたいと思っております!

また、Instagramを運用していく支社に対して「ノウハウ」を共有できるように、引き続きアカウントの拡大・ブランディングに注力していきたいです!

Instagramアカウントはこちら!(いいね&保存していただけると励みになります!)

https://instagram.com/rea__project?igshid=YmMyMTA2M2Y=

チームで励まし合って、個人・チーム目標達成へ!!

先月はどのようなことをして、成績トップになったのですか?

ふうか:最初は、ひなたが特に数を上げてはいましたが、チーム全体では「ポツポツと…」みたいな感じでした。危機感もそこまで感じていなかったですね。ただ、定期ミーティングでマックス(古谷一真)から「このままじゃヤバいよ」と言われたのをきっかけに、色々と考えました。その結果、「自分は新人の立場でありながらも、広報事業部の仕事を任せていただいていること」や「チームとしても目標達成したい」という想いから絶対達成しなきゃダメだと、集客に対する意識が一転しました。それからは、集客に一層力を入れていきました。友人や後輩とは元々就活について話をすることが多かったので、「どんな風に就活をしているか」を聞かれた中で、紹介させていただいたりもしました。あとは、チームの「協調性」がモチベーションとして大変大きかったです。普段はオンラインでミーティングをしていますが、休日には一緒に遊んだり、チームメンバー全員で予定を合わせて会ったりしました笑

ゆきの:私の場合は結構、集客出来てないときも出来てるときもメンバーと連絡を取り合っていました。メンバー全員が「みんなで頑張ろう!」という性格だったからこそ、モチベーションが下がることなくできたと思います。

ちなみにどんな連絡を取ったりするんですか?

ゆきの:愚痴や、励まし合いです笑。ネガティブなこともポジティブなことも全て話していました。話すことで、モチベーションを上げることが出来ていたのかもしれないです。あと私の場合は、「良い集客方法」はどんどん取り込んでいってました。Bチームは、個々のやり方を「全部みんなのもの」として共有しているので、他のメンバーが共有してくれたやり方を「いいな」と思ったら真似ていました。

チーム内で共有していくのは良い文化ですね!

ひなたさんは先月1番の成績でしたが、どんなことをしていたんですか?

ひなた:とにかくリプとDMをたくさん送っていました。私はすごく負けず嫌いなので、一番を取りたいと思って、Twitterを研究・分析しました。1日12時間くらいTwitterを開いていることもありました笑

そうなんですか!

もちろん多い日の場合です笑。「こういう送り方すると返信こない」とか、「こういう送り方したら繋がりやすい」とかの分析を自分なりにしていました。色々と試していく中でパターンを発見して、自分なりの方法を見出すことが出来たのが、結果に結びついたと思います。あとは、自分で見つけた「効率の良い方法」をどんどんチームのみんなに共有していました。私のやり方はそんな感じです!

どんなモチベーションでやったのですか?

ひなた:私は最初、目標達成しないと人権がないと思っていて、「やらなければいけない」という思いでやっていました。

ふうか:私もそう思っていました。「やらないと先がない」という考えが根底にあって、行動していました。私は広報でも活動しているので、新人が信頼を得るには、やはり数字しかないなと思いました。

ゆきの:私の場合は、配属後、最初に「ここに居る人は全員成績優秀者で入ってる」と言われたことがきっかけで、「頑張らなきゃ」と思わされました。せっかく成績優秀者として入ったのに、成果として還元できないのは申し訳ないなと思ってましたね。

集客を通じてチームの絆を強固に!!

紹介する中で、特に工夫したことはありますか?

ひなた:あれ?これはカンペがないぞ?笑

では、ひなたさんに少し考えてもらっている間に(笑)、ふうかさんはありますか?

ふうか:あります!前提として私の場合は、エージェントを使っていて本当によかったと思っています。でも、ネットとか見てると「怪しい」とかの悪い噂があったりするので、そのイメージを払拭していきたいと思っています。なので、紹介をした後に「初回面談が決まったら、日程を教えてください」と必ず言うようにしています。面談の前後の時間を空けられるのであれば、空けておくこと。面談後には、感想を聞いてみたり、次回面談までにこれをやっておくと良いなどの、「サービスを最大限使えるようなアドバイス」を心がけています。あとは面談が開始されない、連絡が途絶えたという様なアクシデントにも対応出来るようにしています。

ゆきの:私は「インターン説明会への集客」でいうと、24卒の「ガクチカがないです」という方にアプローチをしていました。就活の相談に乗りつつ、説明会の紹介をしました。あとは、説明会参加後には「どんな感じだったか」を教えてもらうようにしていました。

ひなた:私は工夫したところは本当に思いつかなくて、、、

ふうか:え、あるでしょう!

ひなた:本当に思い当たらないんですけど、、

ゆきの:ヒントあげようか?笑

ふうか:リプとかDM結構工夫してるなと思ったんだけど….。

   考え中。。。

ふうか:もう言っていいかな…?笑

ひなた:うん、お願いします笑。答えを、、

ふうか:ひなたは、ただ紹介するのではなくて、「自身が経験してきた就活のノウハウ、自分なりの対策」など相手が求める情報を先出して提供し、信頼を得てから紹介するっていうのをやっています。「まず自分が手厚く教えてあげる→信頼を得る→紹介する」っていうのをやってるとは思うんですけど、無意識でやってるのは本当にすごいなあ。笑

ひなた:ふーちゃんが言ってくれたことは確かにやってる笑!自分の紹介の数を稼ぐためにリプとかを送っているよりも、「本当に困ってる人」に声をかけて、「その人の悩みを少しでも解消できたら」と思ってやっています。その中で、向こうから「就活してたときにやってたこと」を質問されたときにジョブコミットを紹介したりしてました。

ゆきの:ひなたはすごい人の心理を上手く使っている気がします。

ゆきのさんから見て、ひなたさんはどういったことを工夫してると思いますか?

ゆきの:最初から「エージェント紹介します」って挨拶したら結構怪しまれちゃいますよね。でも、ひなたの場合は「自分はエージェントを使って就活しているんですよ」みたいな感じに話すことで、相手から「エージェントってどんな感じなんですか?」って聞いてもらって紹介する、ということをしていると思います。相手が興味をそそるような言い方をするので、嫌味なく紹介出来てると思います。

ひなた:あ、めっちゃすごい!たしかにそれだ!笑。2人が言ってくれた通りです笑

ふうか:仕方ない笑。これはカンペなかったもんね笑

リアプロに配属してから経験してきた中での、苦労や喜びがあれば、教えてください!

ひなた:これはちゃんとカンペ用意してきました笑。まず喜びだと、メンバーのみんなが個人的にすごく好きなこともあって、「目標達成したとき」にはメンバー皆で喜びました。個人的にも凄く嬉しかったのを覚えています。あと予定を合わせて、マックス(古谷)を含め5人で会ったことがあって、普段オンライン上でしか話してない中で対面で会えたという喜びがありました。苦労としては、今まであまり苦労を苦労に感じなかったんですけど、最近リーダーの難しさを感じることがあります。今後は他にも色々と、リーダーとして感じる課題も出てくるのかなと思います。

ゆきの:喜びとしては、ひなたが言った通り「みんなで目標達成できたとき」です。苦労としては、10人アプローチすれば10人繋げることは出来ないものなので、「営業をかけ続けなくてはいけなかったこと」です。今後は、継続して成績を出し続けなければならないっていう所の苦労もあると思います。

ふうか:どちらも沢山あるんですよね笑

まず喜びとしては、そこそこの成績を出せたこと、広報の方でも活躍できたことです。他にもインターンって仕事をするイメージが強かったのですが、こんなにも素敵な仲間に出会えたことが物凄く嬉しいです。お世辞じゃないです!笑。

苦労としては、環境の変化に弱い自分がいたことが少し苦しかったです。具体的には広報の方でずっと一緒にやってきたメンバーが休止してしまったこととかですね。「1人になるとできない」のは自分自身の弱みでもあって、不安に感じたり、自分なんかがが引っ張ってもなぁと思うことがありました。その中でも、「環境の変化を楽しむこと」を新たな目標の1つとして前向きになれたこと、1人でやるより一緒にやっていくことの良さを改めて発見できたので今となっては良い経験ですね。

さらなる高みを目指して

先月の成績を振り返り、率直な感想を教えてください!

ひなた:素直に嬉しいです!

ふうか:「とっても嬉しい」という感情と、営業成績に関しては「これはマストで達成しただけだ」という感情との半々です。「数字とか結果を追うのも意外と楽しいかも!」と思えていることに自身の成長を感じます。

ゆきの:素直に嬉しいです。成績を追う中で色んな人との縁もあったし、チーム内でもすごく絆も深められました。数字(実績)だけじゃなくて、色んなものを得られたなと感じています!

最後に、次の目標を教えてください!

ひなた:チームとしては、「今月も40人達成する」ことです。2ヶ月達成したチームはあったかな(?)くらいだったと思うので、みんなが成し遂げたことがないことを達成することが目標です。個人の目標としては、いま2つあって、1つは「自分らしいリーダーをやること」です。もちろん、メンバーが成果を出せるように立ち回ったりとか、メンバーのことを優先して考えたり、未来を考えたりすることっていうのは必須だと思います。それを踏まえて、「誰かのリーダーを真似するより、自分なりのリーダーを確立したいな」と思ってます!2つ目は、個人的なことになってしまうのですが、人事部に興味があるので、将来的に統括に上がれる様に、より一層結果を残していきたいなと思ってます!

人事部ではどんな活動に興味がありますか?

ひなた:個人的には「採用」にも興味があるし、リアプロの「環境改善・組織育成のための制度を確立」させたり、リアプロ内での「交流」を深めたり、という部分にも興味があります!

ちなみに、今のリアプロに足りないと感じる部分をどう捉えてますか?

ひなた:優秀な人たちが集まっているのにも関わらず、交流がチーム内でしかあまりないのが勿体ないと感じています。そのため、もっと色んな人と交流できたらなと思います!仲が良くなった延長線上で、情報共有をしていったりすることでリアプロ全体の「集客数向上」にも繋がるのではと考えたりします。

ありがとうございます!ゆきのさんの次の目標は何ですか?

ゆきの:チームとしては、今月もチーム目標、個人目標達成を目指してやっていきます。個人としては、(これは最初から言っていたんですけれど)「人事をやってみたい」というのがあるので、統括に上がりたいなと思ってます。更にその先の目標としては、営業職に就職するので、リアプロで「出来たこと・出来なかったこと」も全部含めて、この経験を少しでも活かして働いていけたらいいなと思っています。

ゆきのさんはどんな人事になりたいですか?

色んな業界の色んな面接を受けてきた中で、「就活生としか見てない人事」と、「1人の人間・個性を見てくれる人事」でハッキリ分かれるなと感じました。私としては、一人一人を見て、その人の何か一部にでもなれるものを与えることが出来たら良いなと思っています。その人の経験として、何か強いものが残せる様な人事になりたいなと思っています。

これは今後が楽しみですね!最後に、ふうかさんお願いします!

ふうか:2人の話に集中して話すことが飛んじゃいました笑。そうですね、私は未だにその感じが抜けていなのですが…「なんでも吸収します!」というザ・新人みたいな所があります。しかし、まだ1ヶ月ちょっとという中で学ばせていただいたことが多くあります。そのため、チームの方でも、広報の方でも次のステップとしては、学んだことを伝えていく側に進むべきだなと思います。集客に関しては、「個人目標もチーム目標も超えるしかない」と思ってるので、そこは当たり前に達成していき、次の目標を叶えるためにも今はひたすら経験を積んでいきたいです。

ひなた:カッコいい…

3人ともありがとうございました!!!

編集時追記

このインタビューのあと、6月もこの3人が月間優秀者になりました!
また、Bチームはふうかさん、ひなたさん、ゆきのさんに加え、百崎りょうくん(Bチームメンバー)の4人で2ヶ月90人の集客を達成しました!

リアプロの歴史に残る成果だったと思います!

ABOUT ME
とっしー
明治大学4年生/ 2022年1月にリアプロに参加→2月リーダー就任→現在、広報事業部にてWEBメディアの責任者を務める/ テニスが大好きです!誰か一緒にやりましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。