大学生

「マネジメントの難しさを実感」国立大に通うエリート学生の前に立ちはだかる壁とは?!

井上陽南子

横浜国立大学経済学部に通っています。井上陽南子です。リアプロのインターンには12月末から参加しています。
活動内容としては主に、Twitter運営、TikTok運営、イベントでの面接、GD対策会を主催しています。

現在の役割を教えてください。

Fチームのリーダーとインターン生の採用の仕事をしています。

マックス

リーダーとしてチームをまとめる上での課題点はなんですか?

メンバー1人1人の考えていること、価値観が違う中で同じ方向を向かせるのが難しいです。入った時期が一番遅い私がリーダーをやらせてもらっています。その為、先輩にアドバイスしているようなシーンがありなかなか言いにくい部分があります。

マックス

過去にマネジメント経験はありますか?

マネジメント経験をほとんどしたことなく、本格的に取り組んだのは大学が初めてです。

中学生の時はソフトボール部で副キャプテンとしてチームを引っ張った経験が最後です

高校ではチームスポーツに取り組んでいましたがまとめる立場ではありませんでした。

マックス

中学時と現在のマネジメントの違いはなんですか?

中学生の頃はみんなが勝ちたい、優勝したいという点で最終目標が一緒でした。

しかしリアプロではそれぞれのメンバーの最終目標が違います。とりあえず就職前にビジネスに関わってみたいという人から、SNSマーケティングを学びたい人、デザインを学びたい人、組織開発に携わりたい人と様々です。
このような別の目標を持つ各メンバーを一つの目標に向かわせるのが一番難しいです。

塾講師や部活を通して身につけた2つの強み

自身の強みは何だと思いますか?

傾聴力と課題解決能力の二つだと思います。

マックス

傾聴力はどこで身に着けたものですか?

過去の経験で自然と身に着けて行きました。聞くことが得意だからこそ、ヒトから多くの話を聞き、勉強していったのかもしれません。

マックス

それが一番活用できている場面はどこですか?

塾講師のアルバイトの仕事をしている時、子供の本音をいかにして聞き出すかというタイミングで活用できているのではと思っています。

マックス

もう一つの、課題解決能力はどこで身に着けたものですか?

チーム競技を通して身に着けていけたと思います。チーム内には常に課題がたくさんあります。それを各個人がそれぞれ納得いく結論を探し続けてきました。その結果、私は課題解決案を自分から提示できるようになっていきました。

マックス

この強みを一番活用できている場面はどこですか?

この強みに関しても、塾講師のバイトで役立っています。また、リアプロでのチーム活動からも、客観的な意見を言うことが出来ている為、活かせているのではないかと思っています。

これからやってみたい事を教えてください

新しいメンバーがF支社に入りました。そのメンバーがボランティア団体を立ち上げてみたいという目標を持っています。この目標を実現させてあげたいなと思っています。

マックス

ボランティアとはどういったものをイメージしていますか?

これから話し合っていきますが、教育や子供の支援といった人の将来を考えるお手伝いが出来るような活動をしたいと考えています。

チームとしての課題は何か?

何か現在、課題だと思う事を教えてください

集客の数をあげられていない所が、課題です。試行錯誤してはいますが、なかなか結果に現れません。また、チームのメンバーのモチベーションをあげられていません。高い状態を保つことが出来ていないことも課題だと感じています。

マックス

新しいメンバーのモチベをどう上げていこうと考えていますか?

まずは、どんどんコミュニケーションをとっていきたいです。既存メンバーには、週1.2回のコミュニケーションで教えられる側の方が多かったです。その為、新メンバーには、連絡を自分からとり、その人のやりたいこと、目標を把握するところから始めたいです。

今後繋がってみたい人はどんな人ですか?

ボランティア団体を立ち上げたいという思いから、ボランティア団体を立ち上げたことがある、現在運営している、サポートしている人と繋がりたいと思っています。

最後に一言、何か伝えたい事はありますか?

私は、自分らしく生きていきたいと思います。それぞれに自分らしさがあり、幸せの価値も違うと思うからこそ、自分らしく生きていきたいなと思います。

ABOUT ME
とっしー
明治大学4年生/ 2022年1月にリアプロに参加→2月リーダー就任→現在、広報事業部にてWEBメディアの責任者を務める/ テニスが大好きです!誰か一緒にやりましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。